きのこじゃないよ!キイレツチトリモチ【屋久島の珍しい植物】


屋久島の植物キイレツチトリモチ

屋久島で見られる珍しい植物をご紹介いたします。

名前はキイレツチトリモチ。きのこじゃありません。れっきとした植物ですが寄生植物。

他の樹木の根っこなどに張り付いて栄養を吸収しています。

屋久島の海岸近くの森などで見られます。

花期は10月~11月。写真の撮影時期は11月。

鹿児島県の純絶滅危惧種に指定されているので場所は内緒にしておきます。

屋久島の植物キイレツチトリモチ

キイレツチトリモチ(喜入土鳥もち) ツチトリモチ科

雌雄同株。

名の由来は鹿児島市喜入町で初めて発見されたことから。

鹿児島市吉野町磯の自生地は、「キイレツチトリモチ産地」として国の天然記念物に指定されている。


屋久島はヤクスギだけではありません。多様な自然が素晴らしいところです。