高山植物の宝庫、九州百名山の一つ1831m屋久島黒味岳に登ってきました。いっぱい花が見られたよ!

最終更新: 5月17日

比較的楽に登ることができて、屋久島ならではの山岳風景を楽しむことができる標高1831mの黒味岳に登ってきました。

この日は10種類以上の高山植物の花を楽しむことができました。

屋久島植物シキミ、黒味岳登山コースにて。

歩き始めて数分、シキミの花を発見。屋久島ではお仏壇などにお供えする花です。

屋久島の屋久杉「淀川大杉」

大きな屋久杉「淀川大杉」。数年前に折れてしまいましたが、右下の大きな塊が残骸です。

屋久島植物コミヤマカタバミ、黒味岳登山コースにて。

コミヤマカタバミ。屋久島が南限ですが、屋久島は南限の植物が多いです。

屋久島の大木モミ、ツガ

モミかツガの大木。枝っぷりに魅かれて。

屋久島のコケ、スギゴケの仲間

コケも美しい。このコースはいろいろな植物を楽しむことができます。

屋久島清流淀川

水面が鏡のように輝く淀川。帰りはこの川で足をアイシングして帰りました。

屋久島淀川のナナカマド

日が当たって美しいナナカマドの葉。秋にはきれいに紅葉します。

屋久島植物ヒカゲツツジ、黒味岳登山コースにて。

黄色い花をつけるヒカゲツツジ。屋久島では他の木に着生していることが多いです。

屋久島名もなき屋久杉

こちらは元気そうな名もなき屋久杉。屋久杉は多すぎて名も無いものも多いです。

屋久島モミの大木

木肌がむけ、白骨樹になったモミの大木。屋久島では白い骨ようになってしまった樹木を白骨樹と呼んでいます。

屋久島のコケ、アラハシラガゴケ

緑に少し白色(白髪)が混ざった色が美しいアラハシラガゴケ。

屋久島高盤岳のトーフ岩

高盤岳の山頂にある岩の名前は・・・

屋久島奇岩トーフ岩

トーフ岩と呼ばれています。豆腐に見えるかな?

屋久島ユズリハの新緑と白骨樹

白骨樹と左下ユズリハの花と若葉、真ん中ヤクシマシャクナゲ。

ヤクシマシャクナゲの蕾

屋久島を代表する花、ヤクシマシャクナゲはまだ蕾です。5月下旬から6月が見ごろですがその頃は梅雨に入っているので注意が必要です。屋久島は半端ない大雨が降りますよ。

今年は梅雨入りが観測史上二番目に早く、5月11日でした。

屋久島植物オオカメノキ、黒味岳登山コースにて。

オオカメノキの花。葉っぱが亀の甲羅のような形と葉脈?。

屋久島白骨樹と黒味岳

遠くに見える山が今回目指す黒味岳。

屋久島小花之江河

日本庭園のような小花之江河。日本最南端の高層湿原。

屋久島小花之江河の湿原とコケ

植物の遺骸などが腐らず(寒くて貧栄養の水のある環境でつくられます)に堆積してできた湿原。

屋久島花之江河のオタマジャクシ

苦手な人はすいません。オタマジャクシがいっぱいいます。池がない?屋久島ではこのような湿地や水のたまりがいろいろな生き物の住処になっています。

屋久島小花之江河の白骨樹

屋久杉の白骨樹。厳しい環境がいろいろな造形を生み出します。自然の芸術品。

屋久島花之江河の祠

花之江河は各集落からの道が合流して宮之浦岳を目指す場所で山の神様を祀ってあります。

屋久島植物馬酔木、黒味岳登山コースにて。

アセビの花。この日はとても良い開花状態で汚れのないきれいな白色をしていました。

屋久島巨岩

標高が高くなってくると背の高い木もなくなり、見通しが良くなってきます。

屋久島花之江河、黒味岳登山コースにて。

上から見下ろした花之江河。