高山植物を楽しみながら【黒味岳登山ツアー】


長崎県から来られたFさんご家族と黒味岳のツアーに行ってきました。

最初は縄文杉コースを希望されていたのですが、この日はシルバーウィークのど真ん中

大混雑が予想されるため、小学3年生のSちゃんには大変だろうという事で黒味岳に変更になりました。

とても柔らかいコケの感触を味わっています。子供は理屈より五感を使って遊ぶのが好きですね。

登山道の隙間から見える高盤岳のトーフ岩。包丁で豆腐を切ったようにきれいに割れています。

日本最南端の高層湿原:花之江河では小鹿がいました。

この湿原ではよくヤクシカが見られます。近くには母鹿がいるはずですが・・・

どんどん高度を上げて行くと山頂付近はこのような景色を楽しむことが出来ます。

縄文杉コースや白谷雲水峡は森の中をずっと歩くのですが、このような山岳部の景色もぜひ見てもらいたいです。すごくお勧めですよ。

足元には高山植物の花が咲いていました。こちらはツルリンドウ。

ヤクシマアザミ。間違って触わってしまうととっても痛いです。

他にもイッスンキンカやヤクシマシオガマ、ヤクシマママコナなどの花が見られました。

1831mの黒味岳山頂に到着。周りを見渡してみると・・・

白い霧がかかっていますがなかなかの大展望。360度周りを見渡すことが出来ます。

黒味岳山頂、巨岩の下で記念撮影。ちなみにこの岩の上でお昼ご飯を食べて、展望を楽しみました。

中3、小6、小3の3人のお子さんがよく頑張ってくれました。

いつも思うのですが、子供たちは親が思っているより