神々しい光につつまれて【屋久島縄文杉キャンプツアー】

August 6, 2016

東京から来られた仲良し4人組と一泊二日の縄文杉キャンプツアーに行ってきました。

日本語が堪能なフランス人Aさんや留学経験のある方たちで、時折英語が飛び交いながらのツアーとなりました。

一昨年ぐらいから屋久島にも外国の方が増えてきています。

Aさん曰く、フランス人は難解な映画が好きでもののけ姫が好きだそうです。

そう言えば、縄文杉コースより白谷雲水峡の方が外国の人が多いようにも思います。

早速、トロッコ道ではヤクシカが現れてくれました。

颯爽と逃げてしまう訳でもなく、一定の距離感を保ちながらなんとなくこちらを警戒しています。

鉄橋の上から川を覗き込むとヤマメが泳いでいました。写真中央の黒い影・・・分かるかな?

またまたヤクシカの登場です。置物のように固まっています。時々、可愛い顔をこちらに向けてくれます。

エメラルドグリーンの河原で一休み。緩やかな時間に癒やされます。

こんな所です。あまりの綺麗さに泳ぎたくなります。

道沿いでは、キノコがよく見られました。このような発見が楽しいですね。

登山道に入るとオレンジ色をしたヒメシャラの樹がよく現れます。

この日は、大方天気が良かったのですが、少し雨が降りました。

そのお陰で、木肌が濡れて色艶がまして見えます。

触られる最大級の屋久杉。大きさを感じて下さい。

このような蛇のような根っこの道を歩いたりして、縄文杉を目指していきます。

無事、縄文杉に到着。貸切です。思う存分縄文杉を堪能してください。

翌朝、縄文杉に向かう途中の光芒。

このような一瞬の出会いが素晴らしいですね。今回、最高の一枚です!

 

早朝の爽やかな日差しを浴びた縄文杉。昨日とは違って見えます。

泊まりのツアーだと2度縄文杉を楽しむことが出来ます。

各自、思い残しがないように縄文杉を見ていただきます。さよなら縄文杉!

通称メデューサ杉。縄文杉以外にも色々な屋久杉をみることも出来ます。

足元にはコハウチワカエデの幼木を見つけました。大きな物だけでなく小さな物にも目を向けましょう。

触られる屋久杉ともおさらばです。

トロッコ道に戻ってきました。線路の切り替えポイント。

途中、コダマ(映画もののけ姫の樹の妖精)に出会うこともできました。

最後は、河原で遊んで帰りましょう!大きな花崗岩がたくさん転がっています。

フランス人のAさん、我慢できず泳いでしまいました。私も泳ぎたかったです!

今度から水着持参でも良いかも・・・

Nさん達、縄文杉のキャンプツアーにご参加いただきありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております。

屋久島自然学校の縄文杉キャンプツアーはこちら

 

Please reload

最新記事