夕方と早朝の光芒を楽しみながら【屋久島縄文杉キャンプツアー】

September 3, 2016

東北から来られたOさん、Sさん、Nさんと一泊二日の縄文杉キャンプツアーに行ってきました。

前日は半日カヌーツアーを楽しみ、本日はいよいよ山登りです。

最初は平坦なトロッコ道を歩いていきますが、写真のように手すりのない怖い鉄橋もあります。

線路沿いには青白いサワガニがいました。雨の後にはよく現れてくれます。

写真の中央付近に蛇のしっぽだけ写っています。日向ぼっこしていたヤマカガシが私たちの足音に気づいて逃げて行きました。

蛇が苦手な人も多いと思いますが、大概はこちらの存在に気づいて逃げていきますので、あまり心配はいりません。

ニホントカゲも現れてくれました。つぶらな瞳がかわいい?と思うのは私だけでしょうか。

色々な生き物と出会うことは楽しいことです。

歩き始めて1時間、河原で休憩です。スケールの大きな風景を楽しめます。

寝転がったり。一泊だとこのような事ができるのが楽しいです。

岩の上でポージング。二人共息があってますよ。

線路が終わり、山道を少し登るとウィルソン株。切り株の中とは思えない大きさです。

屋久島の貴婦人と称されるヒメシャラの樹。雨で木肌が濡れると色艶がましてとても綺麗です。

樹齢3000年ほどの大王杉。写真では伝わりきりません。実物を見に来て下さい。

名のない屋久杉でもこんなに大きいですよ。屋久杉パワーを貰って頑張りましょう!

木のトンネルを通りぬけ。

根っこだらけの道を歩いて行くと。

ようやく縄文杉に到着! 頑張りましたお疲れ様です。

人が少ないのでほぼ貸切で縄文杉と対面することができます。

この日は小屋がいっぱいでテント泊となりましたが、夕暮れの景色の変化はとても美しいです。

こちらは夕方の光芒。

こちらは早朝の光芒。朝は眠たいですが、気持ちの良い時間帯です。

大きな屋久杉の大木だけではなく、小さなものにも目を配るといろいろな物を発見したりします。

その中でも苔の雫は宝石のようです。

3日間、Oさん、Sさん、Nさん屋久島自然学校のガイドツアーにご参加いただきありがとうございました。

また機会がありましたら遊びに来てくださいね。

屋久島自然学校の一泊二日縄文杉キャンプツアーはこちら。

 

Please reload

最新記事