ガラスエビを発見?その正体は【屋久島西部林道ガイドツアー】

May 10, 2017

香港から来られたSさんと屋久島世界自然遺産の森をあるく西部林道ツアーに行ってきました。

ドラえもん好きのSさんとまずは屋久島のドラえもん像で記念撮影。

ドラえもんの横には沢山の鯉のぼり。この日はこどもの日、この場所で数時間後に楠川城まつりが開催されました。

西部林道に向かう途中、ウミガメの産卵で有名ないなか浜に立ち寄ると大量の海藻が・・・

よく見てみると数センチの小さなガラスのようなエビを発見!

これはイセエビのプエルルス幼生。外見はすでに親エビに似ていますが、透明で消化管は退化して、餌などをとらない一週間ほどの幼生時期のイセエビのことです。この後、脱皮をして稚エビへと変わります。

いざ世界自然遺産の森に入っていきます。白谷雲水峡や縄文杉のコースとはまた違った森を楽しむことができます。

大きな岩を木の根っこが覆いかぶさっています。

 清流で水分補給。

 亜熱帯性の樹木、ガジュマルの中に。 

フカフカの苔の上にドラえもんを置いてみました。Sさん持参のドラえもんです。

森の至る所から気根と呼ばれる根っこやつる植物がぶら下がっています。

ヤクシマジカを発見。この日は何頭ものシカを観察することができました。

森のなかには大きな岩も。この岩の下で雨宿りができます。

写真では伝わりませんが、大きな岩の上に乗って展望を堪能中です。

山の方を見るとモコモコとした世界自然遺産の森が広がっています。

海岸線まで下りてお昼ごはんを食べました。

角が生えたドラえもん。

西部林道の散策が終わった後も見所があります。車からヤクシマザルを観察。

落差88mの大川の滝にも立ち寄りました。日本の滝百選です。

新緑がとても綺麗な季節。

見ているだけで気持ちが晴れやかになります。

屋久島を代表する花サクラツツジが見頃を迎えています。

最後、千尋の滝にも立ち寄りました。最初は霧のため真っ白で何も見えなかったのですが5分ほど待っていると霧が晴れて見ることができました。

この日の天気予報はあまり良くなかったのですが大雨に合うこともなくラッキーな一日でした。

Sさん屋久島世界自然遺産の森をあるく西部林道ツアーにご参加いただきありがとうございました。

私もいつか香港に遊びにいきたいと思います。

 

Please reload

最新記事