年初めの屋久島ガイドツアー風景写真

January 7, 2018

奈良県から来られたIさん親子と三日間屋久島ガイドツアーに行ってきました。

一日目は午後からの里地観光ツアーです。

(残念ながらIさん顔出しNGですので、風景写真でお楽しみください。) 

まずは屋久島最大のウミガメ産卵地のいなか浜。この日は運がよく、口永良部島だけでなく薩摩硫黄島、竹島、開聞岳まで見ることができました。

ウミガメの卵の殻も発見することができましたよ。

屋久島の西部林道はサファリパークのようでヤクシマザルやヤクシカを見ることができます。

Iさん達は奈良公園のシカとの違いを感じ取っていました。 

あかちゃんザルはお母さんに抱きついています。

日本の滝百選の大川の滝。落差は88mあります。紅葉した葉っぱをワンポイントで入れて見ました。

ちなみに最近は雨が少なく、これでも水量は少なめです。 

近づいて滝つぼをのぞくこともできます。マイナスイオンに癒されるポイントです。

屋久島で有名なもうひとつの滝、千尋の滝。大きな岩盤が特徴です。

千尋の滝展望所からの眺め。山ばかりの屋久島は山裾の平地に集落がつくられています。 

海と山がとても近いです。

二日目は残念ながら午前中は大雨。お土産屋さんや里の観光地をぶらぶらしました。

こちらは亜熱帯性の植物ガジュマルの樹。気根と呼ばれる根っこが縦横無尽に広がって天然のジャングルを形作っています。 

午後からは天候が回復してきたのでヤクスギランドへ。白谷雲水峡に負けず、屋久島らしい自然が広がっているのですが、がらがら。Iさん達の貸切状態でした。

出口間近、キツツキの仲間アオゲラを発見。さすがに望遠レンズがないとなかなか撮影は難しいです。 

せっかくヤクスギランドまで来たので弥生杉にも行ってきました。推定樹齢3000年の大きな屋久杉です。他にも仏陀杉、母子杉、天柱杉、三根杉などの屋久杉を鑑賞しました。

Iさん、縄文杉にも行きたかったようですが体力が心配で断念。しかし、このような大きな屋久杉を見るだけでも十分だと思ったりもします。

最終日は映画もののけ姫のモデルにもなった白谷雲水峡へ。 

苔むした渓谷や森の中を通り抜けていきます。 

冬でも緑一色の苔むす森。この時期はうっすらと雪が積もることもありますが、この日は積雪がありませんでした。 

前日が雨だったので苔も生き生きとしています。 

太鼓岩からの眺望。画面中央左には高さ約40mほどの天柱石。 

雲に覆われ屋久島で一番高い山、宮之浦岳が見えなかったのですが一瞬だけ姿を現してくれました。

しばし広大な景色を眺めていただきました。

あっという間の三日間。年初めにもかかわらずどこに行くにも人が少なく、快適な時を過ごすことができました。

今度は縄文杉にチャレンジしたいとIさん達。またのご来島をお待ちしております。

 

 

 

 

Please reload

最新記事