ヤクシマシャクナゲを堪能してきた!屋久島の名峰「太忠岳」トレッキング

例年、5月の下旬から6月は梅雨に入ってしまう屋久島ですが、この時期にだけ見られる有名な花があります。

それは屋久島を代表する町の花「ヤクシマシャクナゲ」です。

ヤクシマシャクナゲを見るのであれば屋久島の最高峰「宮之浦岳」を目指す方が多いのですが、体力と時間が必要な健脚コースです。

そこで今回はもっと気楽に登ることができる屋久島の隠れた?名峰「太忠岳」をご紹介します。

屋久島ヤクスギランドからの太忠岳の天柱石

登山口の起点のなるのがヤクスギランド。トイレ駐車場などがあるので安心です。

写真奥のほうに見える1497mの太忠岳山頂に鎮座する大きな岩が天柱石です。

屋久島ヤクスギランド

最初は整備されたヤクスギランドの中を歩いていきます。

屋久島ヤクシマミヤマスミレ

苔の上などに見られるヤクシマミヤマスミレの花。

屋久島ヤクスギランド

梅雨真っただ中なので水量は多めです。

屋久島フタリシズカ

フタリシズカの花。

屋久島太忠岳登山道上の屋久杉

屋久杉の枝には苔がモコモコと着生しています。

屋久島太忠岳登山道上の屋久杉倒木

大きな屋久杉の倒木。

屋久島太忠岳登山道上の屋久杉

ヤクスギランドは名の通り屋久杉が多いところです。

屋久島太忠岳登山道上の小田杉

看板が無くなってしまいましたが名のある屋久杉「小田杉」。

屋久島太忠岳登山道上のヒメシャラ

大きいのは屋久杉だけではありません。ヒメシャラの巨木。数百年は生きていそうです。

屋久島太忠岳登山道上のヤマグルマ

こちらは屋久杉によく抱き着いているヤマグルマの巨木。

屋久島サクラツツジ

白っぽく見えますが、桜色のサクラツツジ。

屋久島太忠岳登山道上の釈迦杉

こちらも看板はありませんが釈迦杉と呼ばれています。木肌から古さを感じ取ることができます。

屋久島太忠岳登山道上の水場

水場で水分を補給したり、チョロチョロとした水音を聞いたり、癒されます。

屋久島太忠岳登山道上の屋久杉

足を開いたような屋久杉をくぐっていきます。

屋久島太忠岳コハウチワカエデ

新緑のカエデ「コハウチワカエデ」。紅葉だけでなく、新緑も美しいです。

屋久島太忠岳登山道上の世界自然遺産看板

世界自然遺産登録地域の看板。ここからいよいよ世界自然遺産のエリアへと足を踏み入れます。

といっても大きな変化はありません。(笑)

屋久島太忠岳登山道上の水場

最後の水場。慣れない方は山の水を飲むのに抵抗があるようですが、冷たくてとってもおいしいです。

屋久島ヤクシマタツナミソウ

足元などにひっそりと咲いているタツナミソウの花。

屋久島太忠岳登山道上の大岩

急な坂を登ると大きな岩が待ち構えていて、一休みによいところです。

屋久島ヤクシマシャクナゲ

標高が高くなり、いよいよヤクシマシャクナゲの蕾を発見!

ヤクシマシャクナゲは標高の高いところでしか見ることができません。