ヤクシマシャクナゲを堪能してきた!屋久島の名峰「太忠岳」トレッキング

例年、5月の下旬から6月は梅雨に入ってしまう屋久島ですが、この時期にだけ見られる有名な花があります。

それは屋久島を代表する町の花「ヤクシマシャクナゲ」です。

ヤクシマシャクナゲを見るのであれば屋久島の最高峰「宮之浦岳」を目指す方が多いのですが、体力と時間が必要な健脚コースです。

そこで今回はもっと気楽に登ることができる屋久島の隠れた?名峰「太忠岳」をご紹介します。

屋久島ヤクスギランドからの太忠岳の天柱石

登山口の起点のなるのがヤクスギランド。トイレ駐車場などがあるので安心です。

写真奥のほうに見える1497mの太忠岳山頂に鎮座する大きな岩が天柱石です。

屋久島ヤクスギランド

最初は整備されたヤクスギランドの中を歩いていきます。

屋久島ヤクシマミヤマスミレ

苔の上などに見られるヤクシマミヤマスミレの花。

屋久島ヤクスギランド

梅雨真っただ中なので水量は多めです。

屋久島フタリシズカ

フタリシズカの花。

屋久島太忠岳登山道上の屋久杉

屋久杉の枝には苔がモコモコと着生しています。

屋久島太忠岳登山道上の屋久杉倒木

大きな屋久杉の倒木。

屋久島太忠岳登山道上の屋久杉

ヤクスギランドは名の通り屋久杉が多いところです。