秋の「蛇之口の滝トレッキングコース」の見どころはキノコと植物

蛇之口の滝のブログ記事が少ないので過去の写真から少しだけまとめてみました。

屋久島と言えば縄文杉や苔むした白谷雲水峡の森などが有名ですが、それ以外にもいろいろな森を見ることができるのが屋久島の自然の豊かなところです。

日程に余裕のある方やリピーターの方は蛇之口の滝にトレッキングに行ってみるのはどうでしょうか?

夏、滝つぼで泳ぐのも気持ちが良いですが虫が少ない冬に行くのもおすすめです。

屋久島蛇の口滝ガイドツアー

まずは10月の写真から。

蛇之口の滝トレッキングコースは人も少なく、アップダウンも少ないので初心者の方でも気軽に登る事ができます。

この日は私達の他に登山者は0名でした。

また、登山の後には、尾之間温泉に浸かってゆっくりと疲れを癒やすことができます。

滝の上から落ちてきた流木。

白骨化した屋久杉が見られます。屋久島では白骨樹と呼ばれています。

屋久島蛇の口滝つぼ

滝壺はエメラルドグリーン。この日はとても暑く、泳ぎたかったです・・・。

残暑が厳しいときには最高気温が30度を超えたりもします。

屋久島シロオニタケ

秋らしく沢山のキノコを見ることができました。シロオニタケ。

屋久島キノコ

キノコも良くみてみると色々な形や色があり面白いです。

屋久島きのこ

藍色がとてもきれいなキノコでした。

屋久島きのこ

菓子パン、どら焼き?のような大きめのキノコ。