南国の風景・屋久島のマングローブ


屋久島のマングローブ林

南の島、屋久島では亜熱帯性の植物マングローブを見ることが出来ます。

屋久島の南側・栗生川河口付近にだけマングローブの一種メヒルギが自生しています。

ただし、南の島と言っても九州に近い島なので数は少なくマングローブのほぼ北限にあたります。

屋久島のメヒルギ

汽水域(海水と河川が混じる場所)に生息しているので潮の干満により、地上に現れたり、水没したりします。

屋久島メヒルギの支柱根

その為、倒れないように幹の途中からは体を支える根っこ(支柱根)をのばしたりもします。

まるで動物の足のようにも見えませんか?

屋久島メヒルギの胚軸

屋久島メヒルギの種子

もう一つの特徴は、種子が幹についたまま、発芽して(胎生種子)、長く伸びていきます。

いずれは落下すると柔らかい土の上に突き刺さったり、潮が満ちているときは流されてどこかに運ばれて行きます。

屋久島からどこか遠くに運ばれて、芽を出すかもしれません。

屋久島栗生川河口付近の風景

屋久島栗生の海

ちなみに河口付近にはこのような綺麗な海が広がっています。

里の風景をのんびり見て周っても気持ちの良いものです。

#里めぐり観光ツアーパワースポット #屋久島里の風景