家族旅行・親子、子供連れにおすすめする屋久島の観光コースやガイドツアー

更新日:2020年6月4日

家族旅行・子供連れにおすすめする屋久島の観光コースやガイドツアーをご紹介いたします。


まず、はじめに屋久島と言えば縄文杉映画もののけ姫のモデルとなった白谷雲水峡が有名ですが、その他にも見どころは本当にいっぱいあります。

山・森・川・海、いろいろな視点で見ていただくと多様な屋久島の自然をたのしみ・知ることができると思います。


家族旅行で一番重要なのは、けがなどのトラブルにならないように家族の体力や興味に合わせてコースを選ぶことです。


一番有名な縄文杉コースは往復22km、歩数約4万歩、歩行時間10時間半の長丁場となります。

その為、事前の準備(体力づくりや持ち物、装備など)と覚悟が必要なチャレンジコースとなりますので個人的には家族旅行・子供連れではあまりおすすめいたしません。

一言でいうと縄文杉コースは縄文杉を目指してもくもく歩くチャレンジコース、白谷雲水峡とヤクスギランドは一番大きな屋久杉は見ることができないけれど体力と時間に余裕をもって屋久杉と森をゆっくりと堪能することができるコースです。

詳しくは「縄文杉トレッキングを成功させるアドバイス」を近日中にブログにて掲載する予定です。


とは言っても屋久島と言えば屋久杉(屋久杉の中で一番大きいといわれているのが縄文杉)が有名なので、屋久杉を見たい人にはヤクスギランドがおすすめです。


屋久杉の原風景を味わうヤクスギランド

名前から安易なコースを想像されるかもしれませんが屋久杉の原風景を味わうことができる屋久島を代表する自然な森です。仏陀杉や母子杉など千年以上の屋久杉を当たり前のようにたくさん見ることができます。

50分コースまでは整備された道でなんの問題もなく歩くことができますが、50分以上のコースは足場が悪い登山道となります。

ただ、ここからがヤクスギランドの見所で人もぐっと少なくなり、静かな森を楽しむことができますのでぜひ歩いていただきたいところです。

また、ヤクスギランドから車でさらに20分ほど上がっていくと推定樹齢3000年の紀元杉をみることができます。大きさでは縄文杉には負けますが、近くで見られるメリットがあり十分に屋久杉の迫力を感じ取ることができます。(縄文杉には保護の為、展望デッキが設置され、近くで見ることはできません)


幻想的な苔むした森と太鼓岩からの大展望が見どころな白谷雲水峡

屋久杉よりももののけ姫のモデルになったとも言われる苔むした幻想的な森がお好みなら白谷雲水峡がおすすめです。

子供が小学生1・2年生ぐらいであれば、整備された道:入口~二代大杉~弥生杉~入口の周回コースがおすすめ。所要時間は1時間から2時間程度です。

屋久島自然学校では2時間ほどかけてゆっくりと観察しながら歩きますが、短時間でも十分森の美しさを堪能できるコースです。

70代以上の年配の方なども団体ツアーなどでよく利用されるコースですのでおじいちゃんやおばあちゃんなどと一緒に歩くのにも良いコースです。

太鼓岩・白谷雲水峡